小林風人(中学二年生)

私が大東流合気柔術(合気道の源流)を始めたのは今から約一年前であります。当時、合気道という名前すら知りませんでした。
しかし稽古をしていくうちにこのような事を思い始めたのです。
「合気道(大東流合氣柔術)はピアノと同じである」
私は4才からピアノを習っています。もうかれこれ10年になります。
「呼吸も音楽(リズム)なのだから呼吸をしっかりしなさい(音楽用語ではブレスという)」「姿勢を正しなさい。体が前のめりになっていますヨ。手をしっかり開かないと弾けないヨ(1オクターブなど)」とよく言われます。
この「呼吸、姿勢、開手」は合気道(大東流合気柔術)とピアノは全く同じなのです。
飯田先生が監修した無傳塾のDVD「受け継がれる達人技 触れ即合氣」の表紙には「姿勢、呼吸、開手」の語があります。これを知り、もっと大東流合氣柔術を学びたいと思ったのであります。
競技スポーツと対極にある合気道は勝ち負けではありません。
だからこそ試合方式でない日本古来の稽古法である型稽古の合気道をやる事で心身を鍛え整えられるのだと私は思います。
大人の方は、ストレス解消につながると思います。
だからこそ、多くの人々に合気道(大東流合気柔術)をやっていただきたいのであります。
合気道はただチカラまかせで相手を倒すのではなく
合気という術があるから小さなチカラで投げることができるのです。そんな武道だと思います。
武道を詳しく伝える「月刊誌 秘伝」には、このような事が書かれていました。大東流には技に名前がついていません。名前がついているとどうしても、その名前にとらわれてしまう「言語化しないことの強味」技はこうしてやるのだと決めてしまう(言語化する)のではなく、色々と工夫していく事が大切だと思いました。
「力を出さない 力を与えない 何もしない」ことから生れる合気道を是非一度体感していただきたいのです。
私はこれからも合気道(大東流合気柔術)を続けていきます。

稽古
2014.9.1