道央合気道会主催の演武会にご招待を受けました

道央合気道会主催の演武会にご招待を受けました。こうして呼んで呼ばれて友好の輪を広げていきたいものです。

2016年7月17日 北海きたえーる於

弐段 吉岡亜希子「無傅の技:女性の豪快な一本捕」

弐段 片野美和子「無傅の技:女性で初めての二人捕」

最高師範 飯田宏雄「無傅の技:羽交締」

無傅の技は大東流合気柔術の御式内(御殿術)と言われる所以(ゆえん)はここにあります。
江戸城松の下で浅野長矩がこの技をお出来になれば吉良義央に一矢報いることが出来たかも。。。そうであれば赤穂浪士の物語はなかったかも。。。

第9回大東流無傳塾オープンセミナー

第9回大東流無傳塾オープンセミナー
2016年6月19日(日)9:00〜15:00
札幌市西区体育館 於
9回オープンセミナー9回オープンセミナー
9回オープンセミナー9回オープンセミナー

無傳の技、天地投げ

無傳の技胸合氣は押し倒してはいない、これが合氣なのです。

Joseph Kennedy partyJoseph Kennedy Welcome Party
プレミアホテルTSUBAKI 於

写真はプレゼント交換の様子。
飯田塾長からJoseph Kennedy氏へ黄帯とワッペンをプレゼント。
Joseph Kennedy氏から飯田塾長へ帽子を贈られました。
Joseph Kennedy partyJoseph Kennedy party
Joseph Kennedy partyJoseph Kennedy party

第16回大東流無傳塾友好演武大会

2016年6月18日(土)

北海きたえーる  於

オープンセミナーにシフトしていた所為もあり、今回は3年ぶりの演武大会でした。
参加者が少ないのが難点でしたがそれでも遠い国、アイルランドからJoseph Kennedy氏が参加し花を添えてくれたことはとても有難く嬉しい限りであります。
遠い海の向こうの異国でも大東流無傳塾の技をやっている。
しかも本部と同じ技量のものを。孫の誕生を見る思いがした。
松ぼっくりに火が付いてそれが飛び火して伝播しているという実感と感動がジワーッと湧いてきた。
指導してくれたOisin&Megumi Bourkご夫妻に感謝の念を禁じ得ません。

ありがとう

最高師範 塾長  飯田宏雄

Oisin Bourk先生の指導の賜である

Joseph Kennedy「Oisin Bourk先生の指導の賜である」

無傳塾の技は老若男女不問、力を出さないから誰でも出来る所以なのです

弐段 片野美和子「無傳塾の技は老若男女不問、力を出さないから誰でも出来る所以なのです」

無傳塾の技は「力を出さない力を伝えない何もしない」が内の流儀です

最高師範 塾長 飯田宏雄「無傳塾の技は”力を出さない力を伝えない何もしない”が内の流儀です」

無傅の技は合氣があるから女郎蜘蛛の網の如く搦んでふっつくのです。

2016年演武大会2016年演武大会
2016年演武大会2016年演武大会
2016年演武大会2016年演武大会
2016年演武大会2016年演武大会
2016年演武大会2016年演武大会
2016年演武大会

第16回大東流無傳塾友好演武大会〜ご挨拶〜

今日は遠いところ、わざわざ私たちのこの友好演武大会に参加して下さいました。神刀流北海道本部の工藤先生ご一門、北海道合氣道北闘の会の大田先生ご一門の皆さんに心から厚く御礼申し上げます。

一度は出てみたい、胸がドキドキ、心がワクワクする「憧れの大会」に育てて頂きたく回を重ねて参りました。今年で16回目を数えることになります。また、黒子となり、こうして大会を支えてくれる塾生の皆さんにも深く感謝を申し上げます。

かつてその道の大家の書中に大東流合気柔術は無形文化財であると表現されたことがあります。また、恩師堀川幸道先生のよき後援者であった元最高裁判所長官の石田和外先生も対話の中で「この技は輸出したくないものですね。」とも言われていました。又、大東流合気柔術の中興の祖である武田惣角から手解きを受けた門人は明治、大正、昭和の三代に亘り多士済々であり、大正14年に竹下勇海軍大将、昭和9年に岡田啓介総理大臣等に“試される大地”ここ北海道から出向いて指導されております。

もうひとつお話ししましょう。40数年前のこと、某コピーライターの方が書いたコラムをご紹介します。彼の言うには北海道が日本全国より秀でるものが3つあります。1つは大相撲、2つ目が江差追分、3つ目がラーメンであるというのです。私はこれを見てすかさず大東流があるのだと声高らかに叫んだものです。北海道にはこんないいものがあるのに。

そういう熱い想いの中、世はグローバルになり国際貢献・国際交流が叫ばれる時代になってきました。トヨタ自動車の創業者である豊田佐吉の言葉に「窓を開けよ。外は広い。」とあり、徹底した秘密主義を貫く歴史の中で合気道の源流ともいわれる大東流合気柔術の技法を世に広く広めるため無傳塾は新世紀の陽が昇る輝かしい2001年1月1日に誕生しました。

安倍首相が掲げる1億総活躍社会の中にあって、スポーツ産業を拡大し、国の経済成長に貢献しようと鈴木大地スポーツ庁長官が呼びかけ「スポーツ未来開拓会議」が立ち上がりました。日本のスポーツは学校教育が中心であり安いものと思われてきました。2011年にスポーツ基本法として全面改正されるまでビジネスの視点がタブーとされてきました。スポーツが「稼げるもの」との発想が広がらなかったといいます。しかし現在はスポーツの名目GDPに占める割合は米国の2.9%の54.8兆円で、日本が1.2%の5.5兆円にとどまっています。成長の余地を多く残す国内スポーツ産業がGDP600兆円を目指す国の戦略に果たす役割は少なくないようです。

今年はオリンピックイヤー。ブラジルのリオデジャネイロのオリンピックに向けてアスリートたちが熱い汗を流して日夜トレーニングに頑張っております。そしてもうすぐそこにきている2020年の東京オリンピックに向けて“クールジャパン”のキャンペーンを張っており、世界に向けて日本を知って貰う千載一遇のチャンスと捉え、大いにPRしていきたいものです。その中に武道も日本文化のひとつとして「世界に冠たる護身と平和のための武術武道文化である」これが日本武術武道の神髄であると手を挙げていきたいと切望しております。こうして友好演武大会に参加して下さる武道団体の皆さんと共に手をつなぎ武道の発展隆盛のため切り拓いていく覚悟であります。

今日は佳き日。無傳塾の友好演武大会。元気で明るく且つ凛とした演武をご披露して下さい。今日は本当に有難うございました。

感  謝

2016年6月18日
合氣護身術大東流無傳塾
塾長 最高師範 飯田 宏雄

ブラジルから塩見光夫氏、再来日!

西野緑道の桜

西野緑道の桜

IMG_3721

5月上旬、例年より少し早めに北海道・札幌にも桜の花が咲きました。

丁度その佳き日にブラジルから3度目のお客様が札幌に訪ねて来ました。

彼は桜を見ることが出来て、とても喜んでおられました。

 

彼とは大東流の将来のこと、ワザの談義等の話で花を咲かせ、楽しいひとときを過ごしました。

飯田塾長

飯田塾長

塩見氏(左)と飯田塾長

塩見氏(左)と飯田塾長

サンパウロから40時間もかけて札幌まで逢いに来てくださるこの情熱に頭が下がります。
この情熱をもってすれば、きっとブラジルにも大東流合気の花が咲くでしょう。

次回は2018年、お弟子を連れて来ることを約束して札幌を後にしました。

大東流女性初の武道道場 MIWAKO道場が誕生!

MIWAKO道場

生れは会津、育ちは北海道、大東流では女性第1号の道場が誕生しました。

大東流無傳塾の合氣はやわらかさが強味で力を出さないから誰れでも出来る武術であるので女性には最適なのであります。
もともと殿中での護身術で重臣たちの奥方やお姫様が身嗜みのひとつとして習っていた武術であります。
いきよい気品、品性、品格を兼ね備えたものであった訳です。


片野美和子大東流無傳塾の流儀は「姿勢と呼吸」を最も大事にしているので今風に言えば「健康と美容」にとても良いものであります。

力を出さないで呼吸力(合氣)を使うので稽古の後はとても心が和み凄く爽快感を満喫させてくれます。
ですからストレスが解消される訳であります。

和顔に勝る技はなし!さああなたもやってみませんか。

詳しくは道場案内をご覧下さい。→ 道場案内


2015年9月4日
合氣護身術大東流無傳塾
MIWAKO道場
道場長 片野美和子

大東流女性の道場第2号「札幌こまち道場」が誕生!

布施陽菜大東流は力を使わず呼吸と姿勢を大事にしているのでとても女性に向いている武術です。
反射神経でもないので運動が苦手な方も大丈夫!
こまち道場では永世名人位堀川幸道先生から飯田先生が受け継いだ技を型稽古で修練すると共に
殿中の護身術としてお姫様の嗜みのひとつとされたこの流儀を手掛かりに
現代に生きる私たちの、力ではない女性としての強さとは何か、
心と身体のしなやかさを笑顔で楽しく♪探究・体感していきます。

「和顔に勝る技はなし」どんな逆境や苦難もチャンスと感謝だったと笑顔で捉えられるしなやかさを、支えてくれる仲間を一緒につくってみませんか。

詳しくは道場案内をご覧下さい。→ 道場案内

合氣護身術大東流無傳塾
札幌こまち道場
道場長 布施陽菜

ニュージャージー支部の誕生

アメリカ合衆国の国旗

大東流無傳塾の松ぼっくりに火が付いて、アメリカはニュージャージー州に飛び火した。
Reinaldo Cacitaが根付かせてくれることになりました。
アメリカに二つ目の支部が誕生しました。

ニュージャージー支部認定証ニュージャージーReinaldo Cacita

2016.1.1
合氣護身術大東流無傳塾
アメリカ合衆国ニュージャージー支部
Reinaldo Cacita
E-mail:daitoryumudenjuku_nj_usa@yahoo.com

大東流無傳塾アイルランド支部で審査会が行われました。

大東流無傳塾アイルランド支部(支部長 オシン・バーク)において
2015年12月13日、審査会が行われました。

アイルランドに無傳塾の小さな花が咲きました。
これからも長く長く咲き続けてください。
Congratulations!

    2016年1月13日
無傳塾塾長 飯田宏雄

ジョセフ・ケネディの初審査後のエッセイ(2016年1月)

アイルランド(ティム、ジョセフ)

ティム・ペンフェアとジョセフ・ケネディ(右)

私は、約1年半に渡って無傳塾アイルランド支部で稽古をしています。
この稽古を始めてから、体の変化を感じるようになりました。今までと体の使い方が変わって来たのです。姿勢が良くなり、呼吸が楽になり、体や心もリラックスして、頭もすっきりし、これはなぜだろうととても不思議に感じています。
稽古では、“合気”を使う(養う、育てる)ことに集中します。体内の中心からグーッとのびる、目には見えない(小さな、洗練された)動き。無傳塾で習う技は、柔術や合気道などでも見られる技ですが、その完成度、レベルの高さは全然違います。その違いが少しずつ分ってきたところです。(注:ジョセフは合気道の有段者)
大東流・無傳塾は飯田宏雄先生を最高師範として、その師、堀川幸道氏より直伝を受けた大東流の直系である。オシンは北海道・札幌に8年間滞在し、この間飯田師範のもとで修行を積んだ。特に古流を習うのに大事なことは、直伝を受けたものから教えを受け、実際に肌で感じ、それを何度もなぞることだ。
今、オシンはそれをアイルランドで私たちに教えてくれています。

大東流には、“柔術”“合気柔術”“合気の術”と3つのパートがありますが、無傳塾では、“合気の術”に焦点を当てて稽古をします。柔術や、合気柔術では、主に関節を攻めますが、“合気の術”は、体の中心をコントロールして攻めます。
稽古は、“型稽古”と呼ばれるやり方です。これは、ほとんどの日本の古流武道で取り入れられている稽古法です。塾生は、何度も何度も、体が覚えるまで技をなぞり、今稽古していることだけに集中します。

一番の基本技は“合気上げ”です。初めて見たときすごく簡単そうに見えましたが、実際にやってみていかにこの技がむずかしく、全ての技のもとになっているということが、いま分ります。塾生はこの“型稽古”で何度も何度もこの技を練習し、“合気上げ”を習得することで、合気の体を作り、技を磨きます。

無傳塾での稽古は素晴らしい(値打ちのある)ものです。
特に、欧米では心と体は別々のものと考える習慣があり、まず自分の頭で理解しないと納得できず、慣れない稽古法でストレスをためる人が多いのですが、型稽古を受け入れることで
心が落ち着き、自分の体(の中)を注意深く感じることが出来るようになってきました。
いつも、稽古のあとはリラックスした気分になり、同時に元気がみなぎる感じがします。
また、稽古を通して、日本の文化や考え方なども学んでいると思います。
いつも素晴らしい稽古をしてくれるオシンに感謝します。

 (日本語訳:バーク 恵)

▼ English

I have trained with Oisin and Megumi Bourke for one and a half years and thus far the experience has been deeply fascinating. Also rewarding, I am learning to use my body in a more relaxed manner, benefiting my posture, my breathing and mental composure.  The focus of the training is to use ‘Aiki’. Subtle movements of extension emanating from the center. The techniques used can be seen in variation in many systems of Jujutsu and Aikido. However the focus and level of control is different. It is something that must be felt to even begin to be understood.
The Daito Ryu of the Muden Juku is headed by Hiroo Iida, a direct student of Kodo Horikawa from whom he received the rank of Shihan. Oisin spent 8 years living in Sopporo training under Iida Sensei during which time he studied with the group and privately, a important part of training as direct transmission is the only way for the school to stay alive. For Oisin passing on what he learnt accurately is of vital importance.
The training of Daito Ryu is divided into three parts. Jujutsu, Aiki Jujutsu and Aiki no Jutsu. The focus of the Muden Juku is Aiki no Jutsu, the most subtle aspect of the School, although we also practice occasionally the Aikijujutsu techniques to better understand specific principles. In Aiki no Jutsu the goal is control via the center, whereas in Aikijujutsu you usually control through a joint manipulation.
The training method is Katageiko. This term is common to most traditional Japanese Budo. The student repeats an exercise until it is time to move on, keeping their mind in the present and thus in connection with their body. The first Kihon practiced is Aiki Age. Pronounced A-gai. At a glance it appears very simple but with persistent practice its complexity becomes apparent.  A lot of time is given to this one technique as it conditions the student for the entire practice and in this way the individual becomes a part of the Ryu (school). As the student becomes more conditioned by the practice, the body habits and reflexes improve accordingly and thus this connection to the Ryu deepens.
The practice of the Muden Juku is of great value, especially in our western cultures where often people think of body and mind as two separate things often even in opposition. Excessive intellectualising is counterproductive and frustrating. However with the mind calm the subtlety of the Art can be more readily perceived. I often feel both more relaxed and energised after the training. Besides from this the insight into Japanese Culture and Budo derived from these classes is must insightful.
Thank You to Oisin and Megumi for all the time and patience.

読売新聞に載りました

先月ですが2015年10月10日、読売新聞に無傳塾の紹介記事が載りました。

無傳塾読売新聞記事

無傳塾読売新聞記事