第17回大東流無傳塾友好演武大会の報告

日時 2017年11月12日(日) 13:00~15:00

場所 札幌市西区体育館格技室

札幌市西区発寒5条8丁目9-1













第17回大東流無傳塾友好演武大会 挨拶文

本日は「第17回大東流無傳塾友好演武大会」にご参集いただき誠にありがとうございます。
遠いところの函館からは護身合気道・国井道場の国井周明先生ご一門の皆さん、帯広からは神刀流北海道本部の工藤正桂(くどうしょうけい)先生ご一門の皆さん、ご当地札幌からは道央合氣会の熊谷優範先生ご一門の皆さん、地球の裏から、とても遠い遠いブラジルから塩見先生をお迎えしての友好演武大会となります。
心から歓迎いたしますと共に厚く御礼を申し上げます。
一度は出てみたい、胸がドキドキ、心がワクワクする「憧れの大会」に育てて頂きたく回を重ねて参りました。今年で17回目を数えることになります。また黒子となり、こうして大会を支えてくれる塾生の皆さんにも深く感謝申し上げます。
さて、来る2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。つい先日の10月28日がオリンピック開催まであと1000日となりカウントダウンが始まりました。私たちはこのオリンピックを絶好の契機ととらえ、これを錦の旗印にして日本の文化のひとつである世界に冠たる誇りある武術武道を通して世界とつながりたい。そうして友好の絆を強め、その輪(和)を広げていきたいと念じております。
2020年に向けて、この演武大会を少しでも大きくしていきたい、夢の大舞台に仕立てたいとの思いもあって、この9月にアメリカでセミナーを開いて参りました。2020年にはアメリカの皆さんに日本へ来て下さいと呼び掛けて参りました。来年はアイルランドとアメリカに出向いて呼び掛けてくる予定になっています。
アメリカセミナーを終えた先頃に、名も知らない方から突然一通のメールが私のところに届きました。その内容は、原田信蔵の資料がないだろうかという問い合わせのメールでした。原田信蔵はアメリカのルーズベルト大統領に大東流合気柔術を教授した方です。大東流合気柔術の中興の祖である武田惣角源正義翁はアメリカのルーズベルト大統領から教授の要請を受け、代理として原田信蔵を差し向けたのであります。また、武田惣角翁はこの試される大地・北海道に1910年(明治43年)に渡って来て北海道に永住を決意し、昭和9年には岡田啓介総理大臣に北海道から出向きご教授されております。これらのことは北海道人として素晴らしいもの、誇らしきものではないでしょうか?
来年の2018年は松浦武四郎が「北海道」と命名されてから150年の節目にあたり、各地で記念事業の実施が予定されています。そこで当友好演武大会を2018年10月27日(土)と定め、みんなでつくる北海道150年事業の参画・協力事業の一環として参加のエントリーを済ませているところであります。
終わりに、将来武道とスポーツによって日本文化を世界とつなげ、友好の絆を強め、その輪(和)を広げていきたいと念じ、私の挨拶にかえたいと思います。
それでは、「明るく、楽しく、元気よく」演武大会の幕明けといたします。
本日は誠にありがとうございました。

2017年11月12日

合氣護身術大東流無傳塾
最高師範 塾長  飯 田 宏 雄

2017年 第17回大東流無傳塾 友好演武大会

日時:2017年11月12日(日)13:00~15:00
場所:札幌西区体育館(地下鉄「宮の沢駅」下車 6番出口より徒歩8分
大東流系、合気会系、他各流会派の友好団体の方々の演武を予定しています。また、協賛して参加を希望される団体を随時募集しております。 詳しくは「お問い合わせメールフォーム」またはお電話(℡&FAX:011-662-2679 飯田宏雄)でご照会願います。
観覧も無料ですので、興味のある方は是非足を運んでみてください。

第16回大東流無傳塾友好演武大会

2016年6月18日(土)

北海きたえーる  於

オープンセミナーにシフトしていた所為もあり、今回は3年ぶりの演武大会でした。
参加者が少ないのが難点でしたがそれでも遠い国、アイルランドからJoseph Kennedy氏が参加し花を添えてくれたことはとても有難く嬉しい限りであります。
遠い海の向こうの異国でも大東流無傳塾の技をやっている。
しかも本部と同じ技量のものを。孫の誕生を見る思いがした。
松ぼっくりに火が付いてそれが飛び火して伝播しているという実感と感動がジワーッと湧いてきた。
指導してくれたOisin&Megumi Bourkご夫妻に感謝の念を禁じ得ません。

ありがとう

最高師範 塾長  飯田宏雄

Oisin Bourk先生の指導の賜である

Joseph Kennedy「Oisin Bourk先生の指導の賜である」

無傳塾の技は老若男女不問、力を出さないから誰でも出来る所以なのです

弐段 片野美和子「無傳塾の技は老若男女不問、力を出さないから誰でも出来る所以なのです」

無傳塾の技は「力を出さない力を伝えない何もしない」が内の流儀です

最高師範 塾長 飯田宏雄「無傳塾の技は”力を出さない力を伝えない何もしない”が内の流儀です」

無傅の技は合氣があるから女郎蜘蛛の網の如く搦んでふっつくのです。

2016年演武大会2016年演武大会
2016年演武大会2016年演武大会
2016年演武大会2016年演武大会
2016年演武大会2016年演武大会
2016年演武大会2016年演武大会
2016年演武大会

第16回大東流無傳塾友好演武大会〜ご挨拶〜

今日は遠いところ、わざわざ私たちのこの友好演武大会に参加して下さいました。神刀流北海道本部の工藤先生ご一門、北海道合氣道北闘の会の大田先生ご一門の皆さんに心から厚く御礼申し上げます。

一度は出てみたい、胸がドキドキ、心がワクワクする「憧れの大会」に育てて頂きたく回を重ねて参りました。今年で16回目を数えることになります。また、黒子となり、こうして大会を支えてくれる塾生の皆さんにも深く感謝を申し上げます。

かつてその道の大家の書中に大東流合気柔術は無形文化財であると表現されたことがあります。また、恩師堀川幸道先生のよき後援者であった元最高裁判所長官の石田和外先生も対話の中で「この技は輸出したくないものですね。」とも言われていました。又、大東流合気柔術の中興の祖である武田惣角から手解きを受けた門人は明治、大正、昭和の三代に亘り多士済々であり、大正14年に竹下勇海軍大将、昭和9年に岡田啓介総理大臣等に“試される大地”ここ北海道から出向いて指導されております。

もうひとつお話ししましょう。40数年前のこと、某コピーライターの方が書いたコラムをご紹介します。彼の言うには北海道が日本全国より秀でるものが3つあります。1つは大相撲、2つ目が江差追分、3つ目がラーメンであるというのです。私はこれを見てすかさず大東流があるのだと声高らかに叫んだものです。北海道にはこんないいものがあるのに。

そういう熱い想いの中、世はグローバルになり国際貢献・国際交流が叫ばれる時代になってきました。トヨタ自動車の創業者である豊田佐吉の言葉に「窓を開けよ。外は広い。」とあり、徹底した秘密主義を貫く歴史の中で合気道の源流ともいわれる大東流合気柔術の技法を世に広く広めるため無傳塾は新世紀の陽が昇る輝かしい2001年1月1日に誕生しました。

安倍首相が掲げる1億総活躍社会の中にあって、スポーツ産業を拡大し、国の経済成長に貢献しようと鈴木大地スポーツ庁長官が呼びかけ「スポーツ未来開拓会議」が立ち上がりました。日本のスポーツは学校教育が中心であり安いものと思われてきました。2011年にスポーツ基本法として全面改正されるまでビジネスの視点がタブーとされてきました。スポーツが「稼げるもの」との発想が広がらなかったといいます。しかし現在はスポーツの名目GDPに占める割合は米国の2.9%の54.8兆円で、日本が1.2%の5.5兆円にとどまっています。成長の余地を多く残す国内スポーツ産業がGDP600兆円を目指す国の戦略に果たす役割は少なくないようです。

今年はオリンピックイヤー。ブラジルのリオデジャネイロのオリンピックに向けてアスリートたちが熱い汗を流して日夜トレーニングに頑張っております。そしてもうすぐそこにきている2020年の東京オリンピックに向けて“クールジャパン”のキャンペーンを張っており、世界に向けて日本を知って貰う千載一遇のチャンスと捉え、大いにPRしていきたいものです。その中に武道も日本文化のひとつとして「世界に冠たる護身と平和のための武術武道文化である」これが日本武術武道の神髄であると手を挙げていきたいと切望しております。こうして友好演武大会に参加して下さる武道団体の皆さんと共に手をつなぎ武道の発展隆盛のため切り拓いていく覚悟であります。

今日は佳き日。無傳塾の友好演武大会。元気で明るく且つ凛とした演武をご披露して下さい。今日は本当に有難うございました。

感  謝

2016年6月18日
合氣護身術大東流無傳塾
塾長 最高師範 飯田 宏雄

2016年 第16回大東流無傳塾友好演武大会

第16回友好演武大会ポスター

第16回友好演武大会ポスター(PDF)

2016年6月18日(土曜日) 13:00〜16:0014:00

昨年は、都合により開催できませんでしたが、今年は上記日程で「北海きたえーる」において友好演武大会をおこないます。

大東流系、合気会系、他各流派、会派の友好団体の方々の演武を予定しています。
また、協賛して参加を希望される団体を随時募集しております。
東京オリンピックの2020年に向けて友好の輪を更に大きくして行きたいと思います。
詳しくは、「お問い合わせメールフォーム」または、お電話(TEL & FAX: 011-662-2679 塾長・最高師範 飯田宏雄)でご照会願います。

観覧も無料ですので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

なお、次回開催は2017年11月12日(日)を予定しています。

2016年 第9回大東流無傳塾オープンセミナー 受付開始

昨年(2015年)は、飯田塾長の怪我により中止となってしまいましたが、今年は開催いたします。
詳細は後ほどお知らせしますが、日程は決まっていますので、参加ご希望の方は下記申込フォームをお使いください。

  • 第9回大東流無傳塾オープンセミナー
  • 期日:2016年6月19日(日)9:45〜15:15
  • 場所:札幌西区体育館2F格技室
  • 参加費:7,000円
  • 振込先銀行名:北海道銀行 西野二股出張所
    名義 合氣護身術大東流無傳塾 飯田宏雄
    (普通)口座番号0233989
    着金を以って申込完了となります。

申し込みはこちらから → 参加申し込みフォーム

前日の2016年6月18日(土)には、札幌市「北海きたえーる」柔道室にて友好演武大会も行われます。こちらは、見学は無料、申し込みも不要です。
大東流無傳塾の技を見てみたいという方は、ぜひいらしてください。友好演武大会についても詳細は、追ってお知らせいたします。

中止のお知らせ

此度は飯田塾長のちょっとした油断から足の怪我をしてしまい、15周年のイベントである友好演武大会及びオープンセミナーの開催が出来なくなりました。
誠に申し訳ございません。深くお詫びを申し上げます。
今年の6月20日(土)21日(日)は中止とし、改めて来年6月18日(土)19日(日)に延期とします。
大変ご迷惑をお掛けしましたが来年のご参加を切にお願い申し上げます。相済みません。

 

2015年4月3日
合氣護身術大東流無傳塾
最高師範・塾長  飯田宏雄

第16回大東流無傳塾友好演武大会及び第4回オープンセミナー開催

開かれた無傳塾を目指して早や15年。皆さんに支えて頂いての15年間、大変お世話になり有難うございました。心より感謝を申し上げます。
すでにアメリカからは5名程の参加を表明して頂いております。
下記要項にて実施致します。
友好演武大会の出場依頼、オープンセミナーの参加を受付けます。多数の方々のご参加を心よりお待ち申し上げます。

第16回大東流無傳塾友好演武大会第16回大東流無傳塾友好演武大会
期日:2015年6月20日(土)
場所:北海きたえーる
   引き続き
   懇親会(パーティ)希望者のみ
翌日は
第4回大東流無傳塾オープンセミナー
期日:2015年6月21日(日)9:00〜16:00
場所:札幌市内

詳細後報

オープンセミナー参加申込は、こちらの記事から
→「2015年 第4回大東流無傳塾オープンセミナー 受付開始

             感謝
2014.6.3

2013年 第16回 友好演武大会中止のお知らせ

11月3日開催予定の大東流無傳塾友好演武大会は、諸事情により中止となりました。

2013年 第16回 友好演武大会中止決定

2013年 無傳塾友好演武大会今年の大東流無傳塾友好演武大会は11月3日開催予定でしたが、中止が決まりました。

お問い合わせメールフォーム」または、お電話(TEL & FAX: 011-662-2679 塾長・最高師範 飯田宏雄)でお問い合わせ下さい。

去年の友好演武大会の様子はこちら → 「第15回大東流無傳塾友好演武大会

昨年2012年度のご参加団体は、護身合気武道国井道場様、道央合氣道会様、北海道国際合気道協会様、西野流呼吸法札幌同好会様です。

いつかは出てみたい憧れの大会にしたいと思っています。是非この輪に入りませんかお待ちしています。

よろしくお願いいたします。

12