第18回大東流無傳塾友好演武大会

第18回の演武大会は松浦武四郎が北海道と命名してから150周年の節目の年にあたり、無傳塾もこの150周年事業の協賛に参加しています。今大会はその協賛事業の一環に当たる大会になりました。

また、2020年はオリンピックの年であります。この2020年には国内外の方々に呼びかけて国際大会を札幌で開催する計画をしているところであります。そのために今年の6月にはアイルランドへ、9月にはアメリカでセミナーを開いて2020年に札幌に来てくださいと行脚して参りました。手応え充分と感じ取った次第であります。

2020年に向けてこの演武大会を少しでも大きくしていきたい、夢の大舞台に仕立てたいと願っています。

広く各流会派の参加を呼びかけています。

 

第2回大東流無傳塾アメリカ・ニュージャージー(USA N.J.)支部のセミナー

ニュージャージー(N.J.)支部で2回目のセミナーが2018年9月8日(土)・9日の2日間にわたり開かれました。

カンサスのダグペリンさん(Doug Perrin)が来てくれて、友好を深めることがで出来たことはとても嬉しく思いました。

以前にカンサスセミナーの折り、ダグペリン宅にホームステイをして、大変お世話になりました。

ダグペリン宅で、朝に小鳥のさえずりを聞きながらとても和んだ素晴しい合気の稽古をしたことが思い出され、とても懐かしくなりました。

この機にRayさん(N.J.)とDougさん(Kansas)とが一緒に活発に交流稽古されることを期待しております。

N.J.支部はRayさんの指導の下、確実にレベルアップされていることが心強く感じられたセミナーでした。

 

 

 

本部審査会

飯田師範が大東流を学んで早50年。

これを記念して審査会を開催しました。

門弟たちが、のびのび健やかに成長している姿が見てとれ、とても頼もしく感じられます。

                 札幌市西区体育館 2018年10月28日(日)

                                   稽古三昧

御式内:後から肩と手を掴み、立ちませい!

奥義参段:片野美和子

 

二人捕:片手を掴み殴ろうとしたとき

奥義参段:片野淳彦

 

二人捕:片手を掴み殴ろうとしたとき

奥参参段:南出憲宏

 

後技:抱きつき合気投げ

奥義参段:湯浅拓幸

 

後技:抱きつき合気投げ

奥義参段:布施陽菜

 

入身投げ

初段:野口華代

 

胸取り諸手つかみ合気投げ

参段:山下啓子