会津に甦れ消えた古武道

後技座取両手つかみタスキ掛け合氣前方投げ


投げられた90キロの大男が大きくバウンドして逆スピンが掛かり勢いよく取の膝元にぶつかってくる。

合氣之術だからふっついてくるのです。

合氣が掛かっていない場合は投げ放されていまい「ふっつく」ことはありません。

見えざる力!摩訶不思議!無傳のザ合氣!!

 

第19回大東流無傳塾友好演武大会のご案内

日時:平成31年4月27日(土)13:00~15:00

場所:札幌市西区体育館

 

Seminar Portugal Branch

Daito Ryu Seminar with Hiroo Iida ,Portugal,Early November 2019.

 

 

 

大和田善正 六段

【連絡先】℡:070-4425-0170 メールアドレス:worldmap2000.com@gmail.com

※東京に在住しています。

合氣体になってきたかは、合氣之術(ふっつき之術)ができるかの成否を眼目とする。

羽交締め


投げると取の身体に纏わり付いて極固められている。

「無傳之閉足(むでんのへいそく)」だから・・・。

會津へのエール【無傳塾DVD第2弾 口上分】

無傳塾のDVD第2巻(BABジャパン制作・2012年7月31日発売)に掲載された口上文です。

【無傳塾DVD第二弾 口上文】

 

明治31年(1898年)5月12日、今から114年前のこと。

会津士族武田惣角源正義は旧会津藩主の松平容保の臨席のもと元筆頭家老の西郷頼母(保科近悳)から藩外不出の御留流であった殿中武芸護身術「御式内」(大東流合気柔術の中核)の相伝印可を授与された。

その折、容保からは旧会津藩において恩賞として高録の藩士に与えられていた紫の羽織紐が惣角に下賜された。また、西郷頼母近悳からは「知るや人、川の流れを打てばとて、水に跡あるものならなくに」という和歌一首が贈られた。

戊辰戦争に敗れ朝敵の汚名を着せられた会津藩は、何を思い惣角に何を託したのであろうか。

まずは、この汚名を返上すべく旧藩主は「会津藩秘伝の平法」を世に知らしめ、会津武士の威信回復を切望していたのであろう。つまり、惣角は“藩命”として身命を賭して「大東流合気柔術」の全国指導普及の行脚を始めたのである。

さて、朝敵の汚名返上の好機が到来した。昭和3年(1928年)9月28日、松平容保の四男で外交官を務めた松平恒雄の長女である節子と秩父宮雍仁(やすひと)親王(昭和天皇の弟)の御成婚である。

孝明天皇の信頼を得ながら明治維新で朝敵とされた容保公は節子にとって祖父にあたる。戊辰戦争では白虎隊の悲劇を生み、藩士らも流罪に等しい労苦を強いられただけに旧藩主の孫娘の皇室入りに地元は「会津の復権」に沸いた。幼名は節子であったが大正天皇の皇后である貞明皇后の旧名は九条節子(くじょうさだこ)であり同じ字では恐れ多いため、御成婚により会津の“津”をとって「勢津子」と改名された。勢津子妃は、父恒雄の任地であったイギリスのロンドンで生まれ、日英協会名誉総裁。秩父宮雍仁親王はオックスフォード大学に学び、英国とは浅からぬ縁があった。

明治36年(1903年)、米国からプロレスラーが来日、仙台警察署において2名が惣角に試合を挑み完敗した。当時、米国より派遣され来日していた英語教師チャールズ・ア・バリーは、帰国してセオドア・ルーズベルト大統領に報告して知るところとなり、大統領の要請により惣角の代理として原田信蔵を派遣渡米させ普及している。

大東流中興の祖である武田惣角から手解きを受けた門人は明治・大正・昭和の三代にわたり多士済々であり、大正14年に竹下勇海軍大将、昭和9年に岡田啓介総理大臣らには「試される大地・北海道」から惣角が指導に出向いている。こうして蒔かれた合気の種が芽を出して、百余年を経て大東流合気柔術を源流とする合気道は広く世界に流布、日本を代表する伝統文化の一つとして開花したのである。

今日、世界における武道人口のランキング上位は、1位が空手、次いで柔道、そして3番手が大東流を源流とする合気道と続いている。

北海道における会津藩ゆかりの地として、会津藩祖の保科正之公を土津霊神(ハニツレイシン)として祭祀する琴似神社が札幌市郊外に鎮座している。正之公は徳川二代将軍秀忠の側室の子にして、四代将軍家綱の輔佐役(大政参与)、異母兄である三代将軍家光から松平姓と葵紋の使用を認められていた名君である。明治初年より多くの旧会津藩士たちが士族移民として北海道開拓に尽力している。

もともと御式内(合気の原典)の宗師家は会津藩主が代々これを継承しており、大東流も合気道も同じ伝承系譜から輩出されたものである。

日本古来の精神の武術「大和心の武道」ともいえる大東流は偉大なる無形文化財と言っても過言ではない。

かつて会津藩の所領であった福島県は明治維新による戊辰戦争の屈辱に加え、平成23年3月11日に発生した東日本大震災の苦難に見舞われている。福島県民の皆さんには、このような大いなる無形文化財を育んだことに誇りを持っていただきたい。

この未曽有の大震災により人々の絆を強めている昨今において、大東流と合気道の斯界もこれを機に各流会派の独自性と特色を尊重しつつ、それぞれが謙虚になり和合の道を見出して互いの絆を強めるべきではないだろうか。

会津で代々培ってきた大東流合気の花、その花を武田惣角は北海道に根付かせた。日本全国さらに世界へとその花の種は蒔かれ「大和心の武道」の花となって咲き始めている。それぞれが手を取り合い強い絆のもと、日本の素晴らしいこの文化遺産を世界に向けて発信していきたい。

(敬称略)

 

世界とつながり絆を強めよう!

平成24年(2012年)3月11日

 

 

 

第八回會津鶴ヶ城古武道祭で演武致しました

第八回會津鶴ヶ城古武道祭での演武

第八回會津鶴ヶ城古武道祭での演武

平成25年9月22日(日)会津鶴ケ城本丸特設ステージで大東流無傳塾も演武致しました。

保科正之公御鎮座 国指定史跡土津神社

保科正之公御鎮座
国指定史跡土津(ハニツ)神社

保科正之公は大東流合気柔術を御式内(殿中護身武術)と定め会津藩の御留技とした日本国の名君といわれた方です。

演武の動画

動画撮影:İlkay İtkü

イルカイさんがビデオを撮影してくれていたので、彼の承諾を受けて無傳塾ウェブサイトにも掲載させてもらいました。

2019年 謹賀新年 

 

 

 

2019年 元旦

いい氣 いい出会い いい仲間づくり

Good energy  Good enccounters Good relationships

合氣護身術大東流無傳塾

塾長・最高師範 飯田 宏雄

初段 野口 華代

入り身投げ

前進あるのみ

数年前、海外に行ったことで、日本人らしさとは何か、自分は日本人として何ができるのかと考えた時、何も持っていなかった。このままではいけないという焦りのようなものがあった。そんな中、出会ったのが無傳塾だった。女性や子どもでも対等に稽古できる、呼吸できれば誰でもできると聞いて、これなら運動嫌いの自分にもできるかもしれないと思った。それに、道場のピリッとした空気が妙に心地よく、稽古の様子、何より袴姿が格好良かった。ぼんやり思い描いていた“日本人らしさ”とは、これだと思った。始めは何もかも新鮮で面白かったが、やるほどにわからなくなってきて、仕事や体の不調でと、自分に言い訳をして足が遠のいた時期があった。しかし、実際に稽古に行くと、体がすっきりして、翌日は仕事がうまくいく。「通うことが修行」。今でもこの言葉を戒めにしている。
合気柔術に通うようになってから、普段の生活で、コミュニケーションをとることが以前に比べて円滑になったように思う。合気と同じように、力でぶつからず、相手と繋がる。これを取り入れてみると、なんとなく苦手だなと思っていた人でも、最初からシャットアウトせず、まず、向き合ってみようという気持ちになれる。
最近になって、座る、立つ、歩く基本の動作がとても難しい事に気づいた。稽古の回数が少ない分、いかに日常に落とし込むか意識するようにしている。地下鉄に乗るとき、仕事中など、気づいたときに肚に力を入れている。
これからの目標はまだ漠然としているが、飯田先生のように、いつまでも進化していけるよう、精進していきたい。

初段 野口 華代

第18回大東流無傳塾友好演武大会

第18回の演武大会は松浦武四郎が北海道と命名してから150周年の節目の年にあたり、無傳塾もこの150周年事業の協賛に参加しています。今大会はその協賛事業の一環に当たる大会になりました。

また、2020年はオリンピックの年であります。この2020年には国内外の方々に呼びかけて国際大会を札幌で開催する計画をしているところであります。そのために今年の6月にはアイルランドへ、9月にはアメリカでセミナーを開いて2020年に札幌に来てくださいと行脚して参りました。手応え充分と感じ取った次第であります。

2020年に向けてこの演武大会を少しでも大きくしていきたい、夢の大舞台に仕立てたいと願っています。

広く各流会派の参加を呼びかけています。

 

第2回大東流無傳塾アメリカ・ニュージャージー(USA N.J.)支部のセミナー

ニュージャージー(N.J.)支部で2回目のセミナーが2018年9月8日(土)・9日の2日間にわたり開かれました。

カンサスのダグペリンさん(Doug Perrin)が来てくれて、友好を深めることがで出来たことはとても嬉しく思いました。

以前にカンサスセミナーの折り、ダグペリン宅にホームステイをして、大変お世話になりました。

ダグペリン宅で、朝に小鳥のさえずりを聞きながらとても和んだ素晴しい合気の稽古をしたことが思い出され、とても懐かしくなりました。

この機にRayさん(N.J.)とDougさん(Kansas)とが一緒に活発に交流稽古されることを期待しております。

N.J.支部はRayさんの指導の下、確実にレベルアップされていることが心強く感じられたセミナーでした。

 

 

 

本部審査会

飯田師範が大東流を学んで早50年。

これを記念して審査会を開催しました。

門弟たちが、のびのび健やかに成長している姿が見てとれ、とても頼もしく感じられます。

                 札幌市西区体育館 2018年10月28日(日)

                                   稽古三昧

御式内:後から肩と手を掴み、立ちませい!

奥義参段:片野美和子

 

二人捕:片手を掴み殴ろうとしたとき

奥義参段:片野淳彦

 

二人捕:片手を掴み殴ろうとしたとき

奥参参段:南出憲宏

 

後技:抱きつき合気投げ

奥義参段:湯浅拓幸

 

後技:抱きつき合気投げ

奥義参段:布施陽菜

 

入身投げ

初段:野口華代

 

胸取り諸手つかみ合気投げ

参段:山下啓子

 

123