湯浅拓幸

合気技の無名性と型稽古について

大東流 無博塾 三段昇段審査 論文湯浅拓幸

無傳塾に入門以来早くも7年の月日が経とうとしている。本当に月日の経つのは早いものである。その間、700回ほど稽古した。それは常に「型稽古」であった。そして、この頃、無博塾の本領は型稽古にこそあると実感している。

入門当初は塾長が稽古の際に「あれやって」とか「この技を稽古しよう」とか言われるのを聞いて、正直なところ、(いささ)か奇異に感じることがあった。(かつ)て稽古していた少林寺拳法との余りの違いにとまどいを感じることもあった。しかし、今やその思いは稽古を重ねるに従って、当初とは全く別の思いへと変化しつつある。大東流の技は、就中(なかんずく)無傳塾の技はまさしく「あれ」であり「この技」なのである。その技の無名性にこそ大東流の本質を考える鍵が隠されているのではないかと思い始めているのである。

少林寺拳法においては、「技法の体系」として技が「柔法」と「剛法」の二系統に分類され、それが更に幾つかの「拳系」に整然と組織されている。少林寺の拳士は六百数十とも言われるそれらの技を、入門時に全員に配付される「科目表」(と名付けられた冊子)に従って、順次一つ一つ稽古し身につけて行く。勿論全ての技に名前が付けられている。技をイメージさせるかなり具体的な名前である。そして、明瞭に示された基準(稽古回数、経過月数、指定された技の修得)に従って、師匠の推薦により、何人かの審査員の下で実技と論文の昇級・昇段審査を受け、その双方が基準点数を満たした者が合格とされる。実に組織的且つ合理的であると同時に極めて有効な稽古方法であると思う。何よりも、稽古する者にとって「自分の技がどこまで進んでいるのか」が分かり易く、向上意欲を持ちやすいのが特徴である。私は、こうした稽古方法は勿論のこと、その根底に流れる禅思想の面でもその技の面でも少林寺拳法は極めて優れた武道であると今も思っている。

一方(ほとん)ど全ての大東流の技は名前を持たない。名前を持っているにしても抽象的な名前が多い。そして、少林寺拳法ほどの組織的、合理的な稽古方法をも持たない。ひたすら型稽古である。そのためか、自分の技がどこまで進んでいるのか、中々分かりづらい。意欲を持続させることが難しい。それでは型稽古は有効な稽古方法ではないのか。答は否である。それどころか、この型稽古にこそ大東流の本質が潜んでおり、その技の無名性にこそ合気技の神髄が隠されているのではないかと思われるのである。合気を身につける為にこれほど優れた稽古法はないと思われるのである。合気技は畢竟(ひっきょう)合気技でしかない。「合気」を身につけることこそが型稽古の唯一の目的であり、最終の目標なのではなかろうか。

大東流における有名無名のあの技やこの技は、その技を使えること自体が目的なのではない。あの技やこの技が使えるようになることを通して、究極の「合気」を身につけることこそが最終の目標なのである。究極の到達点なのである。そこに到達した時、それぞれの技に名前は要らない。敢えて言えば「合気」という名のただ一つの「技」がそこに存在するだけである。その境地を目指して、我々大東流を稽古する者は日夜型稽古を繰り返し、修行に励むのである。「何もしない」とは、「あの技やこの技をしない」ということなのではなかろうか。「ただ黙って背筋を伸ばし、姿勢を正して真っ直ぐにそこに立つ、座る。」「ただゆったりと静かに息を吐き、吸う。」「全身のカを抜いてただ相手の前に立つ、相手のカを受け容れる。」それは通常の武道の概念からすれば到底「技」とは言えない。しかし、我々無傳塾の目指す技はまさしく「これ」なのであり「あれ」なのであり「あの技」に他ならぬのである。

「合気」とは一体何か。まだ僅か7年しか修行していない私にそれはわからぬ。或いは永久にわからぬかもしれぬ。しかし、それは感じることができる。人聞の体と心との玄妙不可思議な働きとしか言うことのできぬものとして確かにある。自分が手を開く時、相手が崩れて行く。少なくともその時に「合気」はその姿を垣間見せる。この「手を開く」ことこそが型稽古の出発点であり、到達点である。或いは、その全てであると言っても過言ではあるまい。
この「技」への道のりは余りに遠く、余りに長い。しかし、到達点は恐らくある。見えている。そして、型稽古のみがこの「技」に、「合気」という名の「唯一の技」に到達するただ一つの道なのではなかろうか。型稽古とは、謂わぱ、「一つ一つの技」という「個物」を通して「合気」という「普遍」に至り着く為の唯一最高の道なのではなかろうか。我々は、それを信じて、一歩一歩修行して行くしかない。私は、嘗て明暗尺八と少林寺拳法の修行を通して、「量が質に転換する」ということを学んだ。「千回の稽古」ということの意味を教えられた。先ずは「千回の稽古」を目指して、地道に気長に(ゆる)むことなく稽古を続けたいと思う。「朝鍛タ錬」と古人は言った。この言葉は重い。

修行

(平成27年5月23日)

朋あり遠方より来る、亦た楽しからずや

3年振りアイルランドからOisin & Megumi Bourkeご夫妻が帰札した。
5月2日(土)から6日(水)まで5日間 特別稽古会を開催した。
連休と重なり塾生たちが参加してくれて盛会にして充実した稽古が出来た。
お互い、技を改めて再確認ができたことはとても有意義なことであった。
Oisinご夫妻は帰国して今夏にアイルランド於セミナーを開く予定とか、アメリカからも来てくれる方がいる由、心強いメッセージを残して帰国した。

感謝 飯田

恵バーク

恵バーク

オシン・バーク

オシン・バーク

IMG_2638

全日本大学開放推進機構 UEJジャーナルに投稿しました

武道のすすめ

合気護身術大東流無傳塾 最高師範 塾長 飯田宏雄

 

元禄15年(1702年)12月14日、赤穂浪士四十七士が吉良邸に討ち入り、見事主君の遺恨を晴らすという日本人なら誰でも御存知の忠臣蔵です。

この一件についての御裁きが当時の為政者である徳川五代将軍綱吉公のもとで行われ、その裁きに大変苦慮され 50 日間をも時間を要しました。

徳川将軍家に対する忠義を考えると赤穂浪士はテロリストに当たるし、今や浅野家では主君に対して忠孝をはたらいたことになります。また。大江戸八百八町に住む民衆から見れば「あっぱれ、胸の支えがストーンと落ちた」という心地すらするのでしょう。この三方を丸く治めるには、と苦慮した将軍綱吉公は、武士の名誉ある本懐を遂げさせるため、四十七士全員に切腹を命じます。

この語りが三百有余年経った今でも語り継がれているのは、実に凄いことなのではないでしょうか。その根っ子にあるものは何であろうか、ではどうしてこの思想が醸成されてきたと考えてみたいと思います。

江戸時代(封建時代)に士農工商という身分制度が確立されました。武士は今でいう為政者です。誇りと名誉を重んじ、忠義忠孝を大事にするのが武士階級です。徳川家は幕藩体制を存続させるために武士の教養として儒学などを学ばせて実践させました。この武士道精神は、江戸時代、明治・大正一昭和初期までの長い間、「主君に忠義、親に忠孝」を叩き込まれた日本人のDNAに染み込まれているのではないでしょうか。新渡戸稲造翁が『武士道』を表したのも、過去から連綿と伝えられてきた日本人の生き方のエッセンスをこの武士道に見ているからだと思います。

ここでもう一つ武道が、日本国を救ったというお話をしたいと思います。日露戦争の終結時のお話です。日露戦争は、我が国が大国露国(帝政ロシア)に勝った戦争です。しかし勝ったといっても、ギリギリのところで辛うじて勝ったに過ぎません。講和に関しては、当時のアメリカ合衆国のセオドア・ルーズベルト大統領が仲介の労をとってくれました。なぜ、ルーズベルト大統領がわざわざ仲介の労をとってくれたのかということです。ルーズベルト大統傾は、柔道を米国に普及しようと渡米していた山下義韶(71歳で他界、十段を追贈)に正式に入門して柔道修行に励んでいたことがありました。この日本武士道の柔道が好きであるということが、積極的な仲介の労をとろうということにつながります。当時、駐米日本公使館付海軍武官として駐在していた竹下勇(後の海軍大将)が「その功績は、金鵄勲章もの」と称賛しているのも、頷けることです。

武道といえば、戦中の暗いイメージばかりで否定的に見られ、未だに光が当たっていないことは至極残念なことです。皮肉なことに、戦後日本の武道を一時禁止したアメリカが、今では武道王国になっています。

戦後70年も経った今、日本は戦時の悪の呪縛から解き放たれてもいいのではないかと思います。もう戦後70年も経っているのです。武道の優れた身体操作性とその精神性に、いま光を当ててほしいものです。

私が修めている武道は、「日出ずる国の武術、大和心の武道」といわれる大東流合気柔術です。大東流合気柔術の歴史は古く、その源は清和天皇に発し、新羅三郎源義光を始祖とし、歴代の源氏武田に代々伝承されていた武道です。江戸時代になって、会津藩の藩祖である保科正之公が殿中における護身武芸として制定し、近習と重臣等の武道として伝授され継承されてきたものです。

1910年大東流合気柔術の中興の祖とされる武田惣角源正義翁が北海道に渡り堀川泰宗と幸道の父子に出会い、彼等にここに留まり教授を懇願された。惣角翁は長年の流浪の旅から草鞋を脱いでここ北海道に北海道永住を決意したのであります。その門弟の中に合気道の開祖といわれる植芝盛平翁がいて、後年東京に出て、そして世界に合気道を伝播流布されたのであります。「試される大地」ここ北海道から武田惣角翁は東京に出向き、日露戦争終結時の日本公使館付武官としてワシントンに駐在していた竹下勇海軍大将、総理大臣の岡田啓介などをも教授しております。

武田惣角翁を三十年余り支えた黒幕といえる永世名人位の堀川幸道翁の門弟である飯田は、何とかこの大東流合気柔術を世に出し、日の目を見たいと念願しているところであります。

1996年アトランタオリンピックの年に飯田がアメリカでの大東流合気柔術のセミナーへ先輩に連れられて行った畤のことです。日本からの留学生でアメリカ人に合気道を習っている方がおられました。彼は日本から離れることによりアイデンティティを惹起させられ、合気道を習うことになったのではないかと思いました。

この大東流合気柔術の合気を使えば、力が要らないから誰でもできる武道です。道場には、年齢フリー、性別フリー、国籍フリー、子供から大人はもとより高齢者までの幅広い年齢層がいますので、文字通り人間道場が形成され、良き人材・仲間づくり場としで最高の”学びの場”となるポテンシャルを有しています。まさしくこの武道は、長寿の時代に適った武道武術です。年配の方々が、生涯現役を貫き通せる道を開いていけます。

世はグローバルになり、国際貢献一国際交流が叫ばれております。トヨタ自動車の創業者である豊田佐吉翁の言葉に「窓を開けよ、外は広い」とあります。これはまさに次世代を担う若者に向けたメッセージではないでしょうか。国際化時代、日本人の誇りと大和心を持ち合わせるためにも、何かひとつ日本の武道を引っ提げて海外に出ていってほしいと思います。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けで”クール・ジャパン”のキャンペーンが盛り上がってきていますが、この機会を捉えて、日本文化のひとつとして「世界に冠たる護身と平和のための武術文化」、これが日本武術の真髄であると手を挙げていきたいと切望しております。

2016年の秋、スポーツ文化ダボス会議を日本で開くよう提案していきたいと下村文部科学大臣が某テレビ番組で言っておられました。日本の元気を取り戻すため、東京だけではなく、全国津々浦々まで地方で継承されている伝統文化に光を当てて、それらに関する様々なイベントを開催し、それを観に世界から大勢の外国人が来日してくれるような方策も期待しております。

本物の合気を目指している無傳塾は「世界でたったひとつの花、小さくてもキラッと光る only one」を志向して今日も明日に向けて稽古に励んでいます。是非、偉大なる無形文化財である大東流合気柔術、大和心の武術を受け継ぎ普及していくために、大学の開放講座でも取り上げて貰いたいと思います。きっとそのエクステンションは繁昌するに違いないと思っています。平成27年元旦記。

 

全日本大学開放推進機構 UEJジャーナル第15号(2015年4月15日発行)

中止のお知らせ

此度は飯田塾長のちょっとした油断から足の怪我をしてしまい、15周年のイベントである友好演武大会及びオープンセミナーの開催が出来なくなりました。
誠に申し訳ございません。深くお詫びを申し上げます。
今年の6月20日(土)21日(日)は中止とし、改めて来年6月18日(土)19日(日)に延期とします。
大変ご迷惑をお掛けしましたが来年のご参加を切にお願い申し上げます。相済みません。

 

2015年4月3日
合氣護身術大東流無傳塾
最高師範・塾長  飯田宏雄

2015年 第4回大東流無傳塾オープンセミナー 受付開始

詳細は後ほどお知らせします。

  • 第4回大東流無傳塾オープンセミナー
  • 期日:2015年6月21日(日)9:00〜16:00
  • 場所:札幌市内

申し込みはこちらから → 参加申し込みフォーム

—– 受付は終了しています —–

第16回大東流無傳塾友好演武大会及び第4回オープンセミナー開催

開かれた無傳塾を目指して早や15年。皆さんに支えて頂いての15年間、大変お世話になり有難うございました。心より感謝を申し上げます。
すでにアメリカからは5名程の参加を表明して頂いております。
下記要項にて実施致します。
友好演武大会の出場依頼、オープンセミナーの参加を受付けます。多数の方々のご参加を心よりお待ち申し上げます。

第16回大東流無傳塾友好演武大会第16回大東流無傳塾友好演武大会
期日:2015年6月20日(土)
場所:北海きたえーる
   引き続き
   懇親会(パーティ)希望者のみ
翌日は
第4回大東流無傳塾オープンセミナー
期日:2015年6月21日(日)9:00〜16:00
場所:札幌市内

詳細後報

オープンセミナー参加申込は、こちらの記事から
→「2015年 第4回大東流無傳塾オープンセミナー 受付開始

             感謝
2014.6.3

2015 謹賀新年

HAPPY NEW YEAR 2015

2015mudenjuku-nennga(ウェブ用)

無傳塾のバッチの制定

無傳塾のバッジ日いづる国の武術、大東流は日本国の伝統武術武芸であることの誇りをもって、世界の人たちと手をつなごう。
世界でたったひとつの小さくてもキラリと光る技術的にも世界最高を目指し、組織でも世界一頼れる無傳塾を目指す。
窓(障子)を開けよ外は広い、いつも真赤に燃える太陽の如く情熱、挑戦を絶やすことなく海外にも広く広めていきたい思いを込めて「AIKI」を世界語に!との気持を新たに心に刻み15周年を記念して制作しました。

2015年1月1日

MyStars通信に掲載されました

MyStars通信no.40MyStars通信 No.40 December 2014に星の名前「Daito-ryu muden no aiki」が掲載されました。
会津で生れ北海道で育った大東流の合氣は北海道から東京に伝播し更にそこから世界へと流布されました。
訪日外国人が1000万人を超え東京五輪パラリンピックが開かれる2020年までに更に2000万人を目指そうとしております。
この機会を外国の方に日本を正しく知って貰うビッグチャンスとして捉えたいものです。
日本人の「礼儀正しさ」というあの道徳を提唱した新渡戸稲造翁(5000円札の肖像にもなった人物)著の「武士道」は日本の偉大なる無形文化の一つであります。
それは日本人の精神の原点が武術によって醸成されてきたものなのです。
攻撃されたとしても相手を傷つけさせないで捕り抑える術を内包している世界に冠たる武術である護身術、これが日本武術の神髄であります。
合気道(AIKIDO)は今や第二の柔道(JUDO)といっても過言ではなく、AIKIDOとして世界に通じる固有名詞となり世界に認知されていますが、本家筋の大東流合気柔術は残念乍らまだマイナーに属しております。
帯刀を許されないお城の中にあっての護身術として発展してきた経緯があります。
お姫さまも容易くできます。
健康にストレス解消に、生涯体育として最適なツールです。またグローバルな時代の今、国際交流のツールとして是非、大東流の合氣をお奨めします。

つなぐ

2014.12
大東流無傳塾
飯田

かた(型)稽古について考える

かた(型)による技法の伝承は日本国特有の文化伝承のあり方であり、武道だけではなく茶道華道能楽歌舞伎などの芸道において文化のかたちを変えずに純粋に伝えるということに対しては有効に機能してきたといえるでしょう。
けれども、後世の者が創出者の意図を忠実に思い量り、その技を再現するための懸命の努力と工夫を怠ってしまえば、技は形(かたち)ばかりのものに形骸化してしまう恐れもあります。古来わざが鋳型(いがた)に泥(なず)むことを戒めております。
ここでかた(型)稽古について考えてみます。
当時中西道場では竹刀稽古が盛んに行われていました。白井享義謙(しらいとおるよしかね)はこの竹刀稽古そのものは否定しないまでも、小手先の技や体力まかせの稽古方式に疑問を抱き、同門の先輩であり一刀流組太刀(形)の名手といわれた寺田五郎右衛門宗有(てらだごろううえもんむねあり)に師事しました。
竹刀派(実践派)は木刀派(形稽古派)の白井を潮笑の眼で見ておりました。
竹刀剣術だけでは武術たる実践性は身につかないので古伝の真意を伝えている剣術家に師事して、形剣術と竹刀剣術との併習が最も望ましい姿だと警鐘を鳴らしています。
ある日竹刀派は白井に試合を申込みました。白井は打ち込む箇所を予め指定して確実に指定した所を攻めて仕止めました。そ〜れ小手を打つぞ、次は面だそして胴だと言ってことごとく予告通りの攻めをして圧勝しました。
柔道の父嘉納治五郎先生は高弟に対し古流に学べとよく口にしておりました。
大東流無傳塾は型稽古が実践型稽古よりすぐれている稽古法であると断言しているわけではありません。
型稽古で身体の使い方の深堀りをして質の向上に繋げていくのがよいと思う。その質をキープするために稽古は真剣にやりなさい。
つかみにいくときは剣術で言うところの相打ちの気持で本気でつかむようにしなさい。
本気で掛かってこないときは合気が掛からないし又反撃しなくても済むことなのです。
あるとき某門弟がいみじくも告白してくれました。
崩されたときに先生の腕にぶらさがっていたことがありましたと。否この受では駄目だと思い改心して真剣に取りにいって反撃を試みようとしましたが手足が硬直していて反撃が出来なかったことを告白してくれました。
取と受の両者が本気で対峙してはじめて質の高いかた(型)稽古が成立するのであります。
大東流無傳塾の稽古は形で投げ形で投げられろ!
真の技は必然的に真の受けの形になるものなのです。まさしく感覚の武術であります。投げた人は投げたときの感覚をそして投げられた人はまた投げられたときの感覚をDNAに擦り込むようにして下さい。と指導しています。よく自分の身体に聞け、自分の身体と対話をしながら稽古をするように言っております。
堀川幸道先生は日本舞踊にも秀でた方で、あの踊りの所作のように技を繰り出しておられた無傳塾の飯田宏雄はいつも堀川幸道先生の日舞の如く日舞の如くと呪文を唱えながらイメージを膨らませながら稽古をしております。
その技が合氣絞め座取り三人捕りであります。
無傳塾の流儀である「力を出さない力を伝えない何もしない」に結実してきました。
これは形稽古を墨守してきた証しであります。
これからも堀川幸道先生の日舞の如く(所作)の念仏を唱えながら精進していく所存です。
ここ試される大地北海道、札幌から無傳塾の合氣を世界に発信していきます。
終りに無傳塾で大事にしている宮本武蔵の言葉を記して結びとします。
「一歩づつ運ぶなり一歩づつ進むなりそれを30年間続けなさい決して一気にやってはいけない」

稽古三昧

2014年12月吉日
合氣護身術大東流無傳塾
最高師範
塾長     飯田宏雄